元金均等返済方式とは?

元金均等返済方式とは、毎月支払う返済額の中で元金の額が一定の方式を指します。返済額は元金と利息になるので、返済が進むにつれ少なくなっていくメリットがあり、元利均等返済よりも元金の減りは早くなります。そのため、同じ返済期間の場合、元利均等返済より総返済額が少なくなるメリットがあります。元利均等返済よりも元金の減少が早い方式なので、返済が進めば自然と毎月の返済額が少なくなります。元金均等返済方式は、毎回の返済額が元金を均等割にした額と利息の合計になります。最初のうちの返済額は多いのですが、元金の減りに比例して利息分が減って返済額が減少していく魅力があり、元金が均等に減ることから、返済総額が安いという結果に至ります。ただ、元金均等返済方式の場合、総支払利息や総支払額が少なくて済むのはよいのですが、元利均等返済より当初の返済額が多くなり、借入時に必要な収入は高くなってしまいます。これこそがデメリットで、返済開始当初の返済額が高くなることから返済負担は重くなります。結果、必要月収も高くなってしまいます。