年齢肌のケア

年齢肌のケアは早く始めたほうがいいです。

年齢肌は人間が年をとることによって、肌の水分率が減少してしまうことによって起こる現象です。

 

肌を構成している主要な物質はコラーゲンですが、コラーゲンが減ってしまうために、肌の表面付近の水分量が減ることが年齢肌のメカニズムなのです。

コラーゲンは年齢とともにだんだん減るのですが、30歳位まではあまり顕著には分かりません。 30歳から30歳くらいで減少が見えてくるようになり、35歳過ぎると急激に減少してしまいます。

そのために年齢肌に気付くのが35歳から40歳ぐらいに達した時である事が多いようです。
エイジングケアの基本は肌表面の水分量を強くしてあげることです。

そのためにはよく知られている物質としてヒアルロン酸やコラーゲンの分解物質などが挙げられています。

 

話は変わりますが、お酒を作る杜氏の仕事は寒い冬場が中心になります。

寒い冬に冷たい水を扱う杜氏の手はいつも荒れてガサガサです。
しかし米麹を扱うときだけはすべすべになることが昔から知られていました。

これを研究したロート製薬の研究員は米麹の中に含まれているエキスが肌の水分率を改善することに気がつきました。

この米麹エキスを配合した化粧品が糀肌くりーむなのです。

>> http://www.trienalsanjuan.com/