レコーディングダイエットで客観的に自分を見つめる

少し前に「レコーディングダイエット」というのが話題になりましたがご存知でしょうか。
無理な運動も食事制限もしなくても、毎日自分が「何を食べたのか記入するだけでダイエットできる」
という方法です。
自分もこの「レコーディングダイエット」にチャレンジ!実際に効果がでました!

レコーディングダイエット方法についてまとめました。

1、暴飲暴食がパっと見でわかる。
知らないうちに暴飲暴食していることがあることに気づきます。
よくある例だとお昼に牛丼を食べて、夕飯にカツカレーを食べるなど。
食べているときは意識していないんですけど、レコーディングしているときに
「こりゃ太るわ」って気が付けるんです。

2、野菜不足に気づく
3食の食事で野菜をどれだけ取っていますか?
レコーディングすると野菜不足に気が付くことができます。
さらに、しっかりと栄養バランスまで考えれるようになります。
魚類が不足しがちだなとか、カルシウムが不足しているなとか、今日は水分をあまりとっていないな、
などにも気が付けるようになり、健康意識も高まりました。

3、食べた物を書くので、食べる量が減る。
レコーディングダイエットは食べた物を食べた分書きます。
書くのって結構手間なんですよね。なので、書くのが面倒くさくなり自然に間食が減ります。
いまここでお菓子を食べたら、あとで忘れずに書かないといけないと思うと
食べるのをやめるようになります。

運動はほとんどしませんでしたが、レコーディングダイエットをしたことで体重は少しずつ減ってきました。
激やせということはありませんでしたが、健康習慣がついて、健康維持には最適です。
ぜひおすすめしたいダイエット方法です。
メタストンW 口コミ