ウィンカーを出さない車の違反が問題に

ウィンカーを出さない車の違反が問題になっています。

車が走行中に進路を変える場合は必ず方向指示器で周囲に意思表示をすることが義務付けられています。

しかし最近ウィンカーを出さないで進路変更や右折左折する車が増えているという報道がありました。
あるアンケートでウィンカーを出さない車に遭遇したことがありますかと聞いたところ926件の回答の内97%の人が遭遇したことがあると答えています。

アンケートの事例としては
「ウィンカーを出しても曲がり始めてから出すのであまり意味がない」
「右折左折では出すけれども車線変更では出さない」

教習所では周りのドライバーに周知させるために30メートル手前でウィンカーを出すって習ったことを忘れているんでしょうかね。

知り合いに乗せてもらった時にウィンカーを出さないので注意したら何で車線変更で出さなきゃいけないのと逆ギレされました。

最もウィンカーを出さない県として有名なのが岡山県です。
調査に回答した半分の人が岡山県ではウィンカーを出さないで右折左折する車がとても多いと思うと答えています。

ウィンカーを出さない違反が多いのは取り締まられないからではないでしょうか。
ウィンカーを出さないのは合図不履行という交通違反であり反則金6,000円+交通違反 1点が付けられます。

右折左折でウィンカーを出さない理由の1つとしてあおりハンドルが挙げられています。

あおりハンドルとは例えば左に曲がる場合に一旦右にハンドルを切って膨らむませてから左に曲がるやり方です。

内輪差が大きい大型車などでは必要なことですが一般の乗用車では必要がありません。

ではなぜあおりハンドルをやるかというとかっこいいからだそうです。
あおりハンドルをするとウィンカーがキャンセルされてしまいます。
このような勘違いをしているドライバーに正しい教育をすることが必要です。

免許の更新期間は3年か5年ですから、更新時の講習でウィンカーを出すことの必要性とあおりハンドルの禁止などをきちんと教育すればこの奇妙な違反が減少するのではないでしょうか。

>> 太るためのサプリ『ファティーボ』