コード・ブルー

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(コード・ブルー ドクターヘリきんきゅうきゅうめい)は、フジテレビ系で放送されているテレビドラマシリーズである。主演は山下智久。

2008年7月3日から9月11日まで、毎週木曜日22時 – 22時54分に「木曜劇場」枠で放送された。便宜上1st seasonとする。

2009年1月10日土曜日21時 – 23時10分に「土曜プレミアム」「新春スペシャル」として、連続ドラマ最終回で描かれた事故から数週間後のフェロードクターの活躍が放送された。

2010年1月11日から3月22日まで、毎週月曜日21時 – 21時54分に、「月9」枠で2nd seasonが放送され、フェローシップの修了までが描かれた。他枠で放送されたドラマの続編を「月9」枠で放送するのは今作が初めてである。また「月9」枠で、救急医療を題材とした医療ドラマを放送するのも今作が初めてである。

2017年7月17日から9月18日まで毎週月曜日21時 – 21時54分に、「月9」枠で3rd seasonが放送された[2][3]。

2018年7月27日に映画が公開予定。 「成田空港」と「海ほたる」での事故という設定となっている [4] 。

概要

タイトルの「コード・ブルー(Code Blue)」とは、容態が急変し、緊急での蘇生が必要な患者が発生したという意味の医師、看護師の中で使用される隠語である[注 1]。2007年に全国配備を目指す特措法が成立するなど近年必要性が叫ばれているドクターヘリ。本作は救命救急センターを舞台に、フェローシップの一環としてやってきた若きフライトドクター候補生や指導医達、それにドクターヘリに携わる人々の奮闘と葛藤を描いている。また、大災害や負傷者多数の現場におけるトリアージ活動の厳しい現実を扱った話も多数挿入された。3rd seasonでは、仕事以外の場面も度々描かれた。

あらすじ

翔陽大学附属北部病院救命救急センターに赴任してきた、フライトドクター候補生・藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男は、4人の若き医師。フェロー(後期臨床研修医)として専門研修を受ける中で、人生と医師としての職務との間で揺れ動き葛藤しつつ、救急救命や災害医療に奮闘する姿を描いた物語。 1作目から9年経った3rd seasonでは、新たなフライトドクター候補生・名取楓馬、灰谷俊平、横峯あかりの3人が加わり、かつてフェローだった4人のドクターも再び集結し、後輩に指導しながら翔北救命を支える立場になる。
コードブルー 無料